HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>病院

布を食べる犬。

何から書いていいのかわからないけど・・・
ここに記録として残します。

※昨日(12月9日)に書いてます※

会社から家に帰ったのが19時頃。
仕事に行ってる間にナッツがまた布を食べていました。
今度はこたつカバー。

母が晩御飯を作ってる間に齧ってたらしい。
ついこないだの誤飲かもしれないこともあって、目を離す時は絶対ケージにってことになってたんだけど。
朝~夕方の仕事してる間は母が面倒を見てくれているのであまり文句も言えない。
それでも言いたいことは言ってしまったんだけど・・・。

その時点でかかりつけの病院は閉まってました。
なので前にロコが猫に目を掻かれたときに行った病院に行ってきました。
夜22時まで開いてるので、夜間病院に行くよりも近いし、早ければ吐かせてもらえるかもと。
食べたコタツカバーを持って病院へ。

でも結局は吐かせてもらえませんでした。
布は吐かせるとかえって危険な場合もあるそうです。
で、食べた布も広範囲なので。

結局幽門という胃の出口を広げる注射をしました。
胃のものを腸に下ろすらしい。
この処置でよかったのか。
かかりつけじゃないのでどうしても不安。
たくさんの誤飲のコのレントゲンを見せられ、この注射でウンチで出てきたからと。
で、その注射のあと体重を量って熱を測って・・・(普通最初にするんじゃないのかなぁ)。
熱があるからと熱を下げる注射。

レントゲンで調べることもなく(食べたのが明らかだから)、注射2本で帰ってきました。
「こんなに元気だから大丈夫」みたいなことを言われたけど、正直信用できてません。

やっぱ夜間救急の大きい病院に行けばよかったのか。
でもこの病院も動物病院なわけで・・・

ここの先生、とある新聞の土曜日?にペットのコラムを毎週書いてます。
今回で2度目だけどいつも行く病院に比べて設備も古いし、患者(犬)さんの数も少ない。
そんなことで疑うのもどうかと思うけど、やっぱどこか信用できなくて・・・。
寸前まで注射をどうしようか悩みました。
何度も疑いすぎなくらい聞いたのでもしかしたら嫌な患者だったかも。

何でも口に入れるコは5歳くらいまで落ちつかないと言われました。
布は排除して新聞紙にするようにとか。

待合室には一人だけ患者(犬)さんがいて、布を食べる話をしたら信じられなさそうでした。
毛布とかベッドとか服とかどうするのって聞かれたけど・・・。
ナッツにはどれもダメ。

食べたのがあまりにも大きいので最悪のケースを予想してます。
また前と同じになるかもしれない。

今日の先生には大丈夫的なことを言われたけど、すごく不安。
具合が悪くなるようならちゃんとかかりつけの病院に行かなきゃ。

親にちょっとキツく言ってしまった自分にも自己嫌悪。
ケージやったらかわいそうやって、その理由はわからなくはないけど・・・。
でも出したらそれこそ今回みたいなことになっちゃって・・・。

何度も同じことを繰り返してる気がします。
うんちを見守るように言われたので、見守ることにします。

※追記※(12月10日)
昨日の晩はずっとナッツにつきっきりでした。
夜に何度も電気をつけて大丈夫か確認してしまう・・・。
今日うんちから布が出ています。
今のとこ具合が悪そうな感じはありません。
昨日病院でもらった幽門を広げる薬を朝晩飲ませてます。
うんちで全部出てくれますように。

誤飲、ホント気を抜けません。
家中全部の布をなんとかしなきゃ解決できないのかも。
ケージに入れることの徹底。
それさえも徹底できない一瞬の隙があってまた繰り返してしまう。
ケージにあるベッドも今は不安。

気持ち的にぐちゃぐちゃなので全然まとまってません。

幸い今のとこナッツは元気です。
今はヒザの上で寝ています。
奇跡は何度も続くものじゃないけど、奇跡を信じるしかない状況なのかもしれません。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。