HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>病院

マラセチア

20091029-1.jpg
「診察中でちゅよ」

今日もロコと病院へ。
薬を飲むようになってから2週間。
今日診てもらって状態が良ければ薬の種類を減らすことになってました。

でも・・・
全く治る気配がない。
それどころか、ひどくなったような気もします。
昨晩から右腕の付け根(脇??)の辺りを頻繁に掻き毟るようになっちゃってハゲができちゃいました。
寝ててもムクっと起き上がって掻き毟るのでロコも私も寝不足・・・。

先生に腕のハゲを診てもらってもう一度細菌とカビの検査をすることに。
前回はいなかった・・・マラセチアが見つかりました
でもこれは元々持っているカビ菌で、普通の状態だと何の問題もないらしい。
ただロコみたいにアレルギーの場合は免疫力が低下することで増殖・・・
増殖すればベタベタと脂っぽくなって匂いもします。
ロコはまさにコレ。
で、脂っぽくなった毛は湿気の多い場所を好むマラセチアにとって住みよい環境。
ますます菌が増殖するという悪循環

アレルギー→免疫力の低下→マラセチアが発症→ベタベタ毛→増殖

うーーーん、めっちゃよろしくない感じです。

マラセチアを調べてみるとどれもロコの症状にぴったり当てはまる。
アレルギー+マラセチアはかなり根気のいる治療らしくて・・・
治療というよりはうまくアレルギーと付き合ってコントロールしていくしかないみたい。


ネットで調べてみたら・・・
「マラセチアが皮膚に問題を起すときは、必ず皮膚の免疫力が下がっています。つまり、アレルギーやガン、内臓疾患などの病気をわずらっています。そのため、これらの病気を治さない限り、マラセチアはなおりません。ということは、根治が難しいアレルギーなどの病気にかかっている場合、このマセラチアと一生付き合っていかなくてはなりません。

アレルギー体質のワンちゃんはもともと皮膚の抵抗力が弱く、マラセチアも立派なアレルギーの原因となってしまいます。そのため、体質に問題がないワンちゃんに比べて常にマラセチア性皮膚炎・外耳炎を引き起こしやすい状態にあります。特に皮膚炎に関して、最近では「マラセチアアレルギー」として注目されています。」

らしいです

まずは抗菌性のシャンプーを使ってマラセチアの増殖を抑えて済みにくい環境にすることからスタート。
2,3日に一度のシャンプーとシャンプーできない日は消毒液で消毒。
あとは抗生剤(シンクル)の投与になります。

うーーん、今回はロコが落ち着くまで時間がかかりそうです。

今日の診療代
6510円
(明細が病院のプリンターの故障でもらえなかったので後日記載)

で・・・
帰ってから早速シャンプー。
今回のシャンプーはぜんぜん匂いがしない!!
で・・・泡立ちも悪くて洗い上がりはパサパサします。
でも・・・しっとりだとロコ的にはよろしくないのでこんなもんなのかなぁ。

病院で疲れたからか・・・シャンプーの効果か・・・
そんなに掻き毟らなくなったかも??

この記事のトラックバックURL

http://locomococava.blog67.fc2.com/tb.php/623-3dbdc9b0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。