HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>病院

若年性白内障

年が明けて・・・
明るい話題をずっと書いていければいいのに・・・
現実は全然明るくなくて、暗くて重い話。
きちんと向き合わなきゃならないまじめな話。

とりあえずまだこれはUPしないで下書きとして保存。
ちゃんとした検査をしたあとにUPしようと思います。
ただ、今日(1月11日)診断されたことを忘れないうちに書いておきます。モコの目がおかしいと思ったのは、今年になってから。
普段は気づかないけど、和室の蛍光灯の下で見るとなんとなく目の色が違う。
しかも両目とも。
ロコとナッツと比べてみても、なんとなくにごってるような感じ。
白いのかも??

真っ先に浮かんだのが白内障とキャバリアに多い角膜ジストロフィー。
でもモコの場合は黒目の全体だし白内障かも。

違う部屋で見たり、外で見ると違和感がない。
だけど和室の蛍光灯でだけは違う。

気になるので病院へ。
ナッツの誕生日の1日前。
ケーキを作ってお祝いする日。
だけどそんなことは言ってられない・・・。

かかりつけの病院は眼科と外科では結構有名です。
他府県からも来られる方も多い。
ただ眼科はそれなりに予約が必要らしく(これがなかなか取れないらしい)、まずは普通に見てもらおうと一般診療のいつもの医療センター(分院)へ。
(ちなみに眼科は本院です)

問診で目にライトを当てたりしたけど、はっきりした結果が出ないのでもう少し詳しい検査をすることになりました。
で、結果が初期の白内障。
モコの年齢から考えると若年性の白内障になります。
若年性の白内障は遺伝性によるものだそうです。(キャバリアに多い)
で。。。治療法はなく手術のみ。
目薬などの投薬もあるけど、それで白内障が治ることもなく、進行を遅らせることができるかも不明らしいです。
あと若年性は進行が早い。
白内障が進行するにつれ、網膜剥離や、水晶体の脱臼も起こるらしい。
老年性だと手術をしない場合も多いけど、若年性は手術が一般的らしい。

もっと詳しい検査はやっぱ本院でしかできないので、本院の予約を取ることにしました。

今は不自由には見えないけど(たぶんだけど)、このまま進行するとモコの目が見えなくなってしまうのかも。
私にできることはなんだろう。

白内障の手術で検索すると、うちのかかりけで手術された方のブログにヒットしました。
こんなこと書くのは嫌だけど、その費用は相当なもの。
(片眼35万とか)
詳しい検査をして、今後の方針を決めるけど、手術になるのかもしれない。

また詳しく検査して気持ちが落ち着いたらこの記事をUPすることにします。



ここから追記(1月12日)

モコの目が見えなくなる・・・
昨日の診断からずっとそれを考えてます。
私の顔、ロコやナッツの顔、お友達の顔、大好きな景色、おいしいご飯、お気に入りのおもちゃ・・・
何もかもがモコから奪われる。

今は、まだ見えてるのかもしれないけど。
これ書いてる今もショックでどうしようもなくて涙が止まらないです。
悔しくて仕方がないです。
今日はナッツの誕生日なのに・・・・
なんで、なんでモコから視力が奪われるのか。
手先が器用で・・・隙間に入ったおもちゃをナッツのためにとってあげる頭のいい子なのに。
そのうち見えなくなって、歩くのも困難で物にぶつかりながら歩くようになるのか。
見えないからオドオド怖がるようになるのか。
今のモコじゃなくなってしまう。
いつでも我慢して何でも耐える子なのに。
ロコとナッツから一番信頼されてるのに。
お願いだから視力を奪わないで欲しい。
モコがもう何も見ることができないなんて。


診断されてから色々調べてます。
手術することによって回復するなら間違いなく手術を選ぶけど、そこから起こるかもしれない合併症。
もっと怖い緑内障のこと。
手術をしても見えなくて手術自体を後悔されてる方のこと。
目が見えなくなっても鼻と耳で生きていけるという話。

いずれおもちゃを投げてもそれに気づくことも無くなるのか。
目で何かを感じることはできないのか。
私のことを見てくれないなんて・・・。

モコは一番頑張り屋。
誰よりも我慢して、控えめで・・・
何でそんなモコがこんな目にあわなきゃならないのか。
遺伝性の白内障。
遺伝遺伝って・・・心臓病も何でもそんな言葉で片付けたくないし、片付かない。
納得もいかない。

手術をするなら、心臓の問題も出てくるから早めにしないといけないんだと思う。
でも手術をしても見えないのなら?
そこからもっと最悪な合併症を起こしたら??
目が白くったってモコの個性・・・まだそんな風には思えません。
今はまだうっすらとにごってるだけだから。(1月12日現在)
どうして両目ともなんだろう・・・
若年性の進行は調べれば調べるほど相当早いことがわかりました。
モコが今の生活に不自由を感じるのは時間の問題かもしれない。

書いてて正直ぐちゃぐちゃです。
明日は本院が開いてるので、予約の電話を入れることになってます。
どうすればいいのかは先生と決めることになるだろうけど、、、、
手術自体は成功例も多く難しい手術ではないんだけど・・・
何を選んでも後悔しそうなのが今の心境。
ここに書くことで気持ちが整理できるかと思ったけど、やっぱできないや。

今は名前を呼ぶとこっちに来ます。
じっと見つめてて、目が合うとこっちに来ます。
こっちにくると私のことを見上げます。
私も見つめ返すと、頭なでてって手を鼻でくいっと持ち上げます。
これはモコだけがしてくれる動作。
もったん・・・やっぱ認めたくないよ。
お母さんだけど、やっぱこの現実は無理。
しっかりしなきゃって思えない。
大きなお目目がモコのチャームポイントやん。
赤ちゃんのころから大きい目でいろんなものを見てきたやん。
目力がすごいって言ってたのに・・・。

こんな風にブログを書いたり、ネットで調べたりしてる時間があればモコと触れ合ったほうがいいのかな。
完全に見えなくなるまでにできることは、見えるうちにモコに色々覚えていてもらうことなのかもしれない。

写真を撮るとき、小さいころからモコはしかめっつらでした。
半目の写真ばっかりで・・・。
今にして思えば目が悪かったんだろうか。
私はそれに気づかずに笑ってただけなんだろうか。
モコが出してたサインに気づかなかったんだろうか。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。